2015年01月21日

2015年1月21日〜1月26日 空想直視

空想直視
〜いい大人たちが架空の生き物を考えた結果〜

201501kuusou.jpg

 森下悠有・井下和也・辻川愛・倉橋松仔・川口桃子
 YOGEN・吉田翔哉・北原麻衣・安富拓美


2015年1月21日(水)〜 1月26日(月)
12:00〜19:00 (最終日は、18:00まで)
展示会場:cref

 「架空の生き物」をテーマとしたグループ展です。
 技法もテイストも違った9人の個性あふれる作品を是非お楽しみください。


【作家プロフィール】

森下悠有
 1991年生まれ
 2014年大阪芸術大学短期大学卒業
 主に普段感じていることや思いをテーマとしていて、柄や色を使って自由に表現している。
 アクリル絵具やペンを使用した作品が多く、最近では凹凸のある作品を好んで
 制作している。
 イラストの他、アクセサリーなどの雑貨も制作している。
 morishita1.jpg
 morishita2.jpg


倉橋松仔
 大阪芸術短期大学卒業後
 大阪芸術大学編入
 デザイン専攻
 現在は奈良県で働きながら、作家活動を続けている
 最近では粘土造形をメインにデジタルイラスト制作などにも
 意欲を燃やしている。爬虫類が大好き。
 kurahashi1.jpg
 kurahashi2.jpg


YOGEN
 2014年に大学を卒業し、現在ではフリーランスのイラストレーター兼
 CGデザイナーとして活動している。
 主に写実的なタッチで絵を描いており、CD・DVDなどのジャケットを
 中心した依頼でイラストを制作する事が多い。最近では3DCGなどにも
 手をつけ始め、自分の更なる可能性を模索している。
 yogen.jpg
 yogen2.jpg


北原麻衣
 1991年生まれ
 大阪芸大短期大学部卒業
 大阪芸大編入、卒業
 その後、広告会社に入社
 水彩や、アクリル、色鉛筆など自由に画材を変え制作。
 自然や、子供などをモチーフにしたイラスト作品を中心に制作しています。
 kitahara1.jpg
 kitahara2.jpg


井下和也
 1992年香川県に生まれる。
 大阪芸術大学短期大学部卒業後大阪芸術大学編入。
 2012年OAC学生広告クリエイティブアワード
 OACゴールド賞受賞。
 昔から、線のおもしろさを意識してよくわからない生き物の落描きをしていました。
 線と面、2次元と3次元を意識して生き物たちを進化させたのが今回の作品です。
 今回の展示ではデザイン面も担当しました。
 inoshita1.jpg
 inoshita2.jpg


吉田翔哉
 1991年生まれ。
 2012年に大阪芸術大学短期大学部を卒業後、南森町にある製作会社に就職。
 デザイナーとして、ショッピングモールの販促物や飲食店のメニューデザインなど
 幅広く製作。
 個人では、不定期ながら音楽関係の仕事の依頼を受けて、販促物を製作しています。
 yoshida.jpg


辻川 愛
 1991年生まれ
 2014年大阪芸術大学短期大学部卒業
 アクリル絵具と色鉛筆を使って制作しています。
 主に動物や植物、食べ物を描いており、絵具に白を多く使って描いているので
 いつもゆるい雰囲気になるのが特徴です。
 tujikawa.jpg


川口桃子
 1992年3月11日生まれ
 大阪芸術大学短期大学部専攻科工芸コース陶芸卒業
 頭の中でうごめいているイメージや言葉では表せない感情などを表現している。
 目や鼻や指など、人間のパーツに魅力を感じるため、作品に取り入れる事が多い。
 土を身体で感じながら生まれるものたちは喜びであり、新しい自分の存在に
 対面している感覚である。
 今回の作品は大学卒業後、関西で制作する作品第1号である。
 “ふふっ”と鼻をこすりながらご覧いただければ幸いです。
 kawaguchi.jpg


安富拓美
 1992年茨城県生まれ
 2012年大阪芸術大学短期大学部 VD-Mコース 卒業
 大阪市のデザイン会社に入社、グラフィックデザイナーとして活動中。
 yasutomi.jpg



【展示風景】

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg
posted by イロリムラ at 19:34| 2015年1月